アンジュと同一成分が含まれる低用量ピルには「トリキュラー」があります。アンジュは通販できませんが、トリキュラーなら海外通販サイトから個人輸入が可能です。1年分(12箱)を購入すれば1ヶ月分が1,000円以下で通販できるショップもあり、低コストで避妊や生理痛対策が可能です。

避妊効果が実証されていることから、アンジュは世界中の医師から処方され、高い評価を得ています。アンジュを1年間継続して使用した場合の避妊失敗率は91%と報告されており、91%以上の効果があるとされています。「トリキュラー」は、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを有効成分とする低用量ピルで、避妊薬として人気の高いアンジュと同じ成分を配合しています。赤・白・黄の錠剤を体内に取り入れることで、女性の生理的なホルモン動態に基づいた方法により、強力な避妊効果を発揮します。

アンジュなどの低用量ピルは、「排卵を抑える」「子宮内膜の成長を抑えて受精卵が床につきにくくする」「子宮頸管に粘液を貯めて着床を防ぐ」という3つの作用で妊娠を防ぐことができます。正しく服用すれば、避妊率は通常100%に近くなります。低用量ピルは、排卵を抑制することで、卵巣や子宮を休ませ、ホルモンの最適化を一定に保つことができるため、月経困難症、PMS、更年期障害、子宮内膜症、難治性のニキビなど、他にも多くの疾患の治療に効果があります。

これまでの低用量ピルには重大な副作用やデメリットがありましたが、アンジュの発売以降、これらの問題が解決され、世界的なヒット商品となりました。アンジュは発売から40年以上経過し、90カ国以上で承認されており、その効果と実績から多くの女性医療機関で処方されています。アンジュのような三相性のピルが苦手な方には、起点互換性のあるピルもあります。これらのピルは、21種類のピルすべてに同じ数のホルモンが含まれているので、誤解を招く心配はありません。

アンジュの1サイクルで摂取できる女性ホルモンのブレンドは3種類あります。ホルモンを体内に入れる順番には注意が必要ですが、自然なホルモン分布に近いため、不正出血などの副作用が起こりにくいと言われています。月経の回転を整えて避妊の結果を明確にするだけでなく、月経痛を鎮める効果もあります。月経リズムが乱れるとホルモンバランスが崩れ、情緒不安定になったり、肌荒れなどの身辺事故につながることがあります。アンジュは、これらの問題を改善するために、月経周期を正常に戻す効果が期待できます。

アンジュは、妊娠の準備に対抗するために必要な、黄体形成ホルモンと卵胞ホルモンのレベルを高めます。その効果は、脳と体に妊娠していると誤認させ、妊娠の排卵・受精・織布の段階を阻害することです。アンジュは世界中で処方されている低用量ピルで、安全性も高いです。しかし、いくつかの副作用が報告されている点にご注意ください。