ヤーズ(Yaz)は新世代の低用量ピルで、トリキュラーやマーベロンより優れた点があり、ネット通販で購入する女性が近年増えています。1箱1,600円~とトリキュラーと比較すると多少お値段は高いのですが、ユーザーレビューでは非常に高評価となっています。なお、日本では1箱6,000円ほどで販売されているため、海外個人輸入なら1/3以下の金額でヤーズを通販できます。

ヤーズは、日本やアメリカをはじめ世界的に有名な低用量ピルです。全身で女性ホルモンとして働く卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を少量ずつ配合し、100%に近い避妊効果を実現しています。ヤーズの特徴は、利尿作用のある合成黄体ホルモンであるドロスピレノンを国内で初めて採用したことです。

ヤーズに配合されている2種類の女性ホルモン、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモンの一種)とドロスピレノン(黄体ホルモンの一種)は、子宮内膜からの成熟したスタグランジンの分泌を抑える働きがあります。ドロスピレノンを主成分とする新しいタイプの避妊薬です。ヤーズは、ドロスピレノンを主成分とする新しいタイプの避妊薬で、避妊だけでなく、生理痛や生理不順の治療にも効果があると言われています。

、大手製薬会社のバイエル薬品が開発した月経困難症(生理痛)を鎮める目的で発見された超低用量ピルがヤーズです。定期的に服用できる避妊薬で、その信頼性の高さと価格の高さで人気があります。ヤーズ(YAZ)のグラントレターのパートナー欄には、妊娠を防ぐための経口避妊薬であることが明記されているはずです。しかし、日本の医療機関では、ヤーズはあくまでも月経困難症の治療薬であり、避妊を目的としたものではないと規定されています。

ヤーズは、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン製剤)とドロスピレノン(黄体ホルモン製剤)を有効成分とする低用量ピルです。
ヤーズの卵胞ホルモン製剤はエチニルエストラジオール、黄体ホルモン製剤はドロスピレノンです。これらの成分は、全身で女性ホルモンとして働きます。少量の女性ホルモンを詰めることで、女性は自分で月経や妊娠をコントロールできるようになります。排卵を抑制し、子宮粘液の粘度を変化させて精子が子宮に同伴するのを防ぎ、子宮内膜の成長を抑制することで、ヤーズはほぼ100%の避妊効果を発揮します。

ヤーズは、日本で初めて月経困難症(月経に伴う体の痛みや頭痛などの不快な症状)の治療薬として承認されました。月経困難症の患者さんを対象とした臨床試験により、ヤーズの有用性が証明されています。ホルモンの配合量がわずかで、副作用が少ない新世代の低用量ピルです。避妊だけでなく、月経困難症やPMS、難治性のニキビなどの治療にも反映されています。

低用量ピルは、主に卵胞ホルモン(主要な女性ホルモンの一つ)の混合量を抑制するという不確実性から、副作用の発生を抑えるために開発されました。ヤーズは卵胞ホルモンを0.02mg含有しており、従来の低用量ピルの2/3~1/2の容量となっています。