海外製のまつ毛育毛剤で最も人気のある商品がケアプロスト(Careprost)です。製品クオリティが非常に高く、ルミガンより20%以上安いことから個人輸入通販では10年以上もベストセラーとなっています。オオサカ堂やオランダ屋、ベストケンコーなどでは正規品のケアプロストをお求めやすい価格で販売しています。

ケアプロストは、ビマトプロストを成分とするまつげ育毛剤ルミガンのジェネリック版です。ルミガンと同じ作用を持ち、価格も手ごろなため、特に初めての女性に人気があります。ケアプロストには、まつ毛を太くして文句なしに成長させる効果があります。ケアプロストは、まつ毛貧血に悩むすべての人に有効であるとともに、まつ毛の密度を高めたいという方にも有効です。まつげを育てたい、まつげを増やしたいという女性は、ぜひケアプロストをお試しください。

まつげエクステ(マツエク)を見てみると、1回の施術料金が5,000円以上の料金になっています。常に十分な量を確保するために月単位で何度もクリニックに通うとなると、年間で5万円以上にもなります。ケアプロストなら1ヶ月1,000円ほどのコストですので、年間でも1万円ちょっとで済みます。コストパフォーマンスの良さもケアプロストを使うメリットです。

ケアプロストは、まつ毛を伸ばしたり太くしたりする効果のあるまつ毛育毛剤です。有効成分であるビマトプロストは、もともと緑内障の治療用点眼薬として使われていました。その後、米国保健社会福祉省から美容製品としての認可を受け、「Lumigan」として発売されました。

日本では、ケアプロストと同じ成分のグラッシュビスタという製品を処方してもらうことが可能ですが、値段が非常に高いです。ケアプロストを応用した薬として、緑内障の治療にルミガンを、まつ毛の増毛にグラッシュビスタを処方する必要があります。緑まつ毛の増毛でグラッシュビスタが処方された場合は健康保険が認められず、全額自費診療となります。

ケアプロストは、ルミガンのジェネリックおよびグラッシュビスタのジェネリックという位置づけになります。先発医薬品のルミガンやグラッシュビスタよりも価格が安く、ケアプロストはまつげ育毛剤として人気があり、確かなインパクトと立派な経済性を持っています。日本では、同じビマトプロストでも、相性の違いから2種類の薬に分けられています。まつげ育毛剤の「グラッシュビスタ」と緑内障治療用点眼薬の「ルミガン」です。まつ毛育毛のためにルミガンを処方してもらうことは現在できません。

まつげをはじめ、すべての「毛」にはヘアサイクルがあります。このサイクルでは、発毛、脱毛、育毛が繰り返されています。ヘアサイクルの中には成長期と呼ばれる期間があり、成長期が長く続くと、毛が増えてボリュームが増した状態になります。ケアプロストの有効成分ビマトプロストは成長期を伸ばし、太く長いまつ毛を育てる働きをします。

眼球の圧力を下げる働きをするビマトプロストは、もともと緑内障の治療薬として作られました。実際に使った患者さんから「まつ毛が付増える」との報告が相次ぎ、まつ毛貧毛症の治療に応用されました。市販されている他のまつげ美容液とは異なり、ケアプロストは効果の高いまつげ育毛剤です。まつ毛の太さ、距離、密度に効果があり、一本一本のまつ毛を何年もかけて太く濃くし、全体のボリュームをアップさせます。