アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーの紹介【通販井上薬局】

アジーは副作用の症状がほとんどなく、夜1回、3日間の服用で効果を発揮するため、服用しやすいのが特徴です。さらに、安全性の高い薬として認められているため、クラミジア感染症の子どもや妊婦にも使用できるのが人気の理由です。また、ジェネリック医薬品であるため、先発医薬品であるジスロマックよりも安価に購入することが可能です。ただし、菌が残っていると再発の可能性があり、症状がより乱れやすくなることがあります。

AZYは先発薬のジスロマックと同じ成分を含んでいるため、同程度の効果が期待されます。アジスロマイシンは、体内で長時間作用し続けるという特徴があるため、発生率が低く、飲み忘れを防ぐことができます。また、他の抗生物質と比べて副作用が少なく、下痢や腹痛、吐き気など軽度のものがほとんどです。一部の薬剤を含まない、他の薬剤との相互作用も少なく取り入れられています。

クラミジアに対する有用性は、最終的にジスロマックを使用した108人の通報者のうち、90.7%でクラミジアの症状改善が確認されました。アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、タンパク質を含む小器官であるリボソームに作用します。アジスロマイシンはリボソームに結合することで、リボソームの利用を阻害し、病気の原因となる細菌がタンパク質を合成するのを防ぎます。この作用により、アジーは原因菌の増殖を抑制します。

アジーは、シプラ社が製造・販売するマクロライド系抗生物質で、マイコプラズマ、クラミジア、淋病などの性感染症を治療するジスロマックのジェネリック医薬品です。アジスロマイシンは、様々な細菌に有効です。抗菌作用だけでなく、抗炎症作用もある新しいタイプのマクロライド系抗生物質です。アジスロマイシンは想像以上に新しいマクロライド系抗生物質で、接触感染への高い薬物移行性と、ただでさえ上品な性格の弱点である胃酸による不活性化が少なく、長い作用時間(体内に長くとどまることができる)を実現しています。AZY1000mg錠は、まず1000mg錠から発売されます。

AZY1000mg錠は、即効性を損なわず、まず我慢するだけでクラミジアを治療することができます。主成分のアジスロマイシンは、性感染症による細菌を治療する薬で、淋病、梅毒、性器クラミジア感染症など、さまざまな接触感染症やそれに伴う炎症の治療に使用されています。淋病はクラミジアに次いで接触感染率が高く、梅毒も接触感染症が増加することがあります。

これらの基礎となる菌はいずれも細菌であるため、アジーで治療することが可能です。具体的には、肺炎マイコプラズマ、尿道炎、膣炎などの細菌による炎症にアジーは効果を発揮します。アジーは、従来の治療薬に比べ、高価格で効果が長続きし、回復までの時間が短い即効性のある薬で、性行為の前に服用することで予防することができます。