ツゲイン15(ミノキシジル15%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインの紹介【通販井上薬局】

ツゲインの有効成分であるミノキシジルの作用は、男性型脱毛症における発毛と脱毛(アロペシア)を保護することです。円形脱毛症(androgenetic alopecia)はAGA(男性型脱毛症)の一種で、遺伝性の毛髪が徐々に進行して失われるものです。

ミノキシジルの作用による動脈の伸縮で、頭皮の血行が良くなり、毛根に栄養が送られるようになります。毛根に栄養が送られると、毛乳頭から毛母細胞の増殖に必要なタンパク質の産物が盛んになります。それと並行して、毛母細胞にATPが送られ、細胞が活性化され、発毛が促進されます。

経口シリーズ(ミノキシジルタブレット)は海外では薄毛治療薬としても使用されていますが、日本では副作用が懸念されるため未承認となっています。トゥゲイン10%は頭皮に届くまでの攪拌がやや強めですが、ツゲイン5%より効き目があります。トゥゲイン5%と同じミノキシジルの濃さ、薄さで有名なのは、日本で流通している大正製薬の「リアップX5」です。大正製薬の臨床試験では、半年間の使用で90%以上の男性の薄毛が改善されたとの報告があることからも、増毛エクステのコスパの高さが伺えます。

ツゲインは有効成分としてミノキシジルを含んでおり、日本ではCMで絶賛されているリアップと同系統の育毛剤です。米国ではロゲインという名前で販売されており、ツゲインはロゲインのジェネリック医薬品になります。ツゲインは、発毛が少なく抜け毛が多いご夫婦に効果的です。成分「ミノキシジル」は米国で発明されたもので、血流を改善することで発毛の有効性を広げることが期待されています。

ツゲインの有効成分であるミノキシジルは、日本で唯一発毛剤として認可されている医薬品です。このタイプのAGAの治療薬であるフィナステリドやデュタステリドが、髪の乏しさの原因となる男性ホルモンを抑制するのに対し、ミノキシジルは発毛そのものを促進する薬である。ミノキシジルは、頭皮の細い血管を拡張して血行を良くし、毛根に栄養を拡散しやすくしたり、毛母細胞をまっすぐにして活性化させることで発毛を促進するとされています。

ツゲインは、世界的に有名なインドのシプラ社が模倣した育毛剤です。ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のマクニール社が提供するロゲインのジェネリック医薬品です。当院では、初期の治療開始時には、希望価格が手頃なジェネリック医薬品であるトゥゲインの使用をお勧めしています。ツゲインは、毛母細胞を活性化させ、良好な発毛を促します。この効果により、前の毛が抜けてから新しい毛に生え変わるまでの休止期が短縮されます。

本製品は1回分60mlが混入されており、1日2回、スプレーまたはスポイトアプリケーターで1回1mlを使用し、30日間(およそ1ヶ月分)使用することができます。しかし、ツイジェンは女性でも借りることができ、性別に関係なく髪の少なさに悩む人たちからとても人気があるのです。ジェネリック医薬品であるため、新薬のロゲインよりも安価で、AGA治療薬の長期使用に伴う社会的な苦痛を軽減し、安心して使用することができます。