プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロペシアの紹介【通販井上薬局】

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、毛周期(ヘアサイクル)の成長期を短くし、凍結期を即時にさせることで発症します。テストステロンが毛根の毛乳頭に存在する5αリダクターゼ酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化する。このDHTというホルモンが抜け毛を促進するのです。プロペシアを6ヶ月以上継続して服用することで、「生え際のデコボコが改善した」「うなじ付近の髪にボリュームを感じる」など、髪が少なくなったことを再確認することが期待できるのです。

プロペシア(Propecia)は、メルク社(MSD)が開発したAGA(男性型脱毛症)の変化に対する治療薬で、有効成分としてフィナステリドが入ります。もともとは前立腺肥大症の薬として造られました。その後、髪の少ない壮年男性にも効果があることがわかり、AGAの治療薬として商品化されました。プロペシアは抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンの増加をカットします。テストステロンは抜け毛の原因にはなりませんが、5αリダクターゼという酵素と結合してDHTに変化すると、AGAを引き起こすホルモンとして作用します。

プロペシアは発毛サイクルを正しい方向へと導いてくれます。成長サイクルが整い、髪の健康状態が良くなっている頭部に外用育毛剤を使用するとより効果的です。プロペシアだけでも低成長の髪を改善することはできますが、ここにミノキシジルの発毛効果を加えることでさらに発毛効果を高めることができます。プロペシアは、男性型脱毛症の治療薬として世界60カ国以上で承認されている内服薬です。有効成分フィナステリドを含有しています。Merck Sharp & Dohme社によって開発・販売されています。

深酒仲間で世界初のAGA治療薬として承認されたプロペシアは、有効成分としてフィナステリドを含有しています。プロペシアはMSDが製品化して販売した男性型脱毛症(AGA)の治療薬で、日本ではAGAの治療薬として未承認の成分はフィナステリドとデュタステリドだけです。プロペシアを半年から1年服用することで、AGAの進行をブロックするだけでなく、外見に対する考え方が改善されることが臨床試験で証明されています。

主成分のフィナステリド1mgには、男性ホルモンの力を抑える働きがあり、AGAの原因となる男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することができます。フィナステリドはもともと前立腺疾患の治療薬として開発されましたが、数々の臨床試験を経て、多数の病人の発毛に効果があることが明らかになりました。さらに育毛剤としての試験を行った結果、抜け毛と育毛に効果があることが判明しました。AGAは抜け毛の第一歩ですが、フィナステリドのDHT産生抑制作用により、抜け毛や脱毛症を抑制し、発毛を改善することができるのです。プロペシアは、男性型脱毛症(AGA)を回復させる5αリダクターゼ阻害剤です。プロペシアは、AGA治療薬として初めての内服薬で、1錠中に「フィナステリド」を1mg含有しています。