ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

ノルバスク10mg

アムリップ10mg(ノルバスク・ジェネリック)

 

 

 

 

 

メインテートの紹介【通販ノワール】

メインテートは、心臓に対して「負の非適合作用」を持ち、心臓の収縮力を低下させ、心拍数を低下させる。また、精神的な血流を減少させ、心不全患者で増加させる必要のある交感神経系やレニン-アンジオテンシン系の活性を抑制する作用があります。ビセレクトは長時間作用型の降圧剤で、24時間にわたって血圧をコントロールします。ビセレクトは、非心臓領域への作用がほとんどなく、出現する副作用の発生率が低いことが特徴です。

過剰な心拍動を抑制することにより、血圧異常だけでなく、狭心症、不整脈、慢性心不全の治療にも使用することができます。その効果は世界的に認められており、1日1回の服用で24時間理想的な効能が得られます。メインテートは、心筋のアドレナリンβ1受容体および心臓刺激性接触系を遮断することにより、精神保護対策作用を発揮します。また、作用時間が長いことも十八番で、1日1回の取り込みで治療効果を発揮します。

メインテートは心臓を修復して血圧を安くする薬で、高血圧症のほか、狭心症、不整脈、慢性心不全の治療に使われます。メインテートは、ビソプロロールを有効成分とする高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、慢性心不全の治療薬です。高血圧、心臓が活発に動きすぎる、不整脈、胸部圧迫感、胸痛などの症状の治療に使用されます。

心臓にのみ作用するため、気管支への影響は少ないと言われています。また、準壊滅期間が24時間と長く、服用回数も1回で済みます。メインテートは、症状によって飲み方や投与量を変える薬です。予想通り、処方された服用方法を守ってください。ビセレクトは、心臓の実行を抑え、出荷する血液量を整理することで、過剰に上昇した血圧を弱めるはずです。

心不全は、心筋が弱って体の要求に見合うだけの血液を供給・排出できなくなった場合に起こりますが、ビセレクト5はビソプロロールフマル酸塩錠で、安定した慢性心不全の治療に使われます。メインテートは、過剰に活動する心臓を鎮める薬で、高血圧、狭心症(心臓に起因する胸の痛み)、不整脈の治療に使用されます。また、将来の心臓発作の抑制や片頭痛の予防にも効果があるとされています。

ビセレクトは、神経伝達物質であるノルアドレナリンと競合して心臓のβ1受容体に結合し、ノルアドレナリンによる脈拍の増加および心筋の萎縮を抑制する。心臓の脈拍が遅くなることで、血液量が減少し、血圧が低下します。

メインテートは、「交感神経系β受容体遮断薬」に分類され、有効成分としてビソプロロールフマル酸塩を含有しています。日本では田辺三菱製薬が「メインテート錠」の名称で2011年に承認・販売しており、多くの医療機関でリズム不全の患者さんに処方されています。ビセレクトは、インドのインタス・ファーマシューティカルズ社が製造・販売しており、高血圧、狭心症、不整脈の治療に使用されています。