バスピン10mg(バスパー・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バスピンの紹介【通販ソリューション】

バスパインは、不安障害全般を改善することができる不正規のベンゾジアゼピン系抗不安薬です。日本では未承認ですが、海外では抗不安薬として多くの人が服用しているバスパールの後発品です。バスパンと先発薬のバスパールは日本では未発売ですが、世界では安心して使える抗不安薬・睡眠薬として高い評価を得ています。

バスパールという商品名を含むバスペインは、日本では発売されておらず、医院で処方してもらうことはできません。日本では、有効成分ブスピロンを改良したタンドスピロンという成分を取り入れたセディール錠という薬が処方されることがあります。ブスピロンは、脳内のセロトニン濃度を高めることで、女性の性欲を高めると言われています。強い女性がブスピロンを服用すると、脳内のセロトニン濃度が高くなり、通常よりも薄くなるため、感情が高まり、欲望が高まるのではないかと考えられているのです。

以前は、不安の治療薬として、有効成分エチゾラムを含む抗不安薬のデパス錠やエチラームを服用する人が多かったようです。しかし、デパス錠やエチラームは服用すると依存性が見られるため、社会問題化し、入手が困難となった。そこで、デパス錠などに代わる薬として、抗不安成分ブスピロンが注目されるようになった。ブスピロンはインタス・ファーマ社が開発した抗不安薬で、バスパールのジェネリック医薬品です。悪玉のベンゾジアゼピン系で、不安障害やうつ病に処方されることもありますが、睡眠再考の影響から不眠症にも使用されます。

ブスピンは、トラブル症状の改善、不安障害、うつ病、不眠症の変調に効果がある悪玉ベンゾジアゼピン系の抗不安薬として知られるブスパーのジェネリック医薬品です。ブスピロンの有効成分である塩酸ブスピロンは、脳内のセロトニンに作用し、その濃度を高める働きがあります。セロトニンが増えることで、神経の会話項目であるアドレナリンやドーパミンを鍛えるとともに、不安やプレッシャーを軽減し、自然な眠りを誘います。

有効成分のブスピロンは、全世界で年間数百億円の売上がある医薬品で、よく耳にする人気の先発医薬品という位置づけです。日本でもすでに100万人以上のお客様にご愛用いただいており、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。ブスピロンは、ブスピロンを主成分とする抗不安薬で、バスパールの後発品です。セロトニン5-HT1A受容体部分作動薬に分類され、セロトニン濃度を速やかに上昇させ、安定させる働きがあります。

抑圧された現代社会において、不安障害などの精神障害を持つ多くの人々が、抗うつ薬や抗不安薬などの薬を服用しています。パニック障害、うつ病、不安障害、睡眠障害などはブスピロンで回復することができ、副作用もすべて安定化されているので安心して使用できる抗不安薬です。注意点として、ブスピロンは依存性を起こさない安全な薬なので、服用後すぐに効果が出るわけではありません。効果が出るには2以降4週間近辺かかりますので、症状を観察しながら補充してください。