アカミン50mg(ミノマイシン・ジェネリック)

 

 

 

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ミノマイシンの紹介【通販ノワール】

ミノマイシンとは、クラミジアに有効な抗生物質で、アメリカのファイザー社が作った薬です。抗生物質の中ではかなり古い種類で、2週間ほど繰り返し使用するだけでクラミジアを治療できると言われています。通常の数値で使用すると静菌効果(菌の増殖を抑える)しかありませんが、ミノサイクリンを高濃度で使用すると、病気の原因となるカビを破壊することができるのだそうです。

シノマイシンカプセルは、このミノサイクリンを有効成分とする医薬品で、日本では「ミノマイシンカプセル」として販売されています。ミノマイシンは、有力な製薬会社によって形成・販売されている強力な抗生物質で、治療効果は強いが副作用が少なく、喜ばれており、安全性も高い。細菌から生まれる様々な接触感染症の治療に使用することができます。

ミノマイシンは、有効成分である塩酸ミノサイクリンが細菌の増殖に必要なタンパク質の合成を阻害することでアクネ菌の増殖を妨げ、化膿性ニキビを治療する抗生物質です。クラミジアは、男性の場合、尿道への接触により感染し、かゆみ、違和感、排尿痛、化膿などの症状を起こします。女性の場合は子宮頸部に接触して感染し、おりものが倍になる、下腹部が痛む、不正出血、性交痛などの症状が出ます。

大きく魅惑的で厄介な赤ニキビは、ミノマイシンなどの殺菌剤を使用することで小さくなり、きれいになります。有効成分のミノサイクリンは、淋病や梅毒をはじめ、さまざまな皮膚の感染症に非常に有効です。ニキビも皮膚感染症に該当し、赤ニキビは痛い、治りにくい、大きい、前面に出るなどの特徴がある。このニキビを小さくしてきれいにするには、殺菌効果の強いミノサイクリンを使用するのが効果的です。

ミノサイクリンは、細菌のタンパク質の質の合成を阻害し、細菌の増殖を抑える抗生物質で、テトラサイクリン系の接続抗生物質に分類されます。人間のタンパク質の出来栄えの合成には作用しないことを目指し、細菌に選択的に作用することが分かっています。本来、ミノマイシンは医師の診断や処方箋がないと確保できないが、個人輸入で簡単に購入できるため、性病に悩むユーザーは検討してみてはいかがでしょうか。

ミノマイシンは「テトラサイクリン系原因菌」の抗生物質だが、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質が効きにくい性感染症に強いのが特徴だ。ミノマイシンはその中でも最も高い殺菌力を持つと言われています。ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質で、ニキビや淋病、クラミジアの治療に使われることが多いのではないでしょうか。細菌が増殖するために必要なタンパク質の産生を阻害することで、病気の原因となるカビの増加を抑える働きを持つ抗生物質です。クラミジア感染症は、クラミジア菌の接触感染によって起こる、日本で最も多い性感染症であり、特に10代の若者に多く見られます。