アバナ(アバナフィル100mg)

アバフォース(アバナフィル100mg)

 

 

 

 

 

アバナの紹介【通販リサーチ】

アバナの成分であるアバナフィルは、EDの原因となる勃起を阻害する酵素「PDE5」の働きを阻害し、陰茎への血流を膨張させて非弾力的な勃起力を発揮します。アバナは、性行為の約30分前にミネラルウォーターまたはぬるま湯で服用してください。これまでのED治療薬よりも即効性のある薬です。食事の影響を受けにくい薬ですが、なるべく空腹時や軽食にとどめておくとよいでしょう。

バイアグラ、レビトラ、シアリスと同じPDE5阻害剤の効果を反映させるために、レビトラよりも時間がかからないと言われています。副作用はスピーディーで、スピリッツとの同時使用も可能ですが、食事に関しては空腹時の方がより効果的です。アバナは、サンライズレメディ社製のED(勃起不全)治療薬です。先発医薬品として開発・販売されていたバイアグラ、シアリス、レビトラの良い部分を取り入れ、デメリットを取り除いた最新の第4世代ED治療薬です。

アバナの主成分は「アバナフィル」で、日本の製薬会社である田辺製薬が開発に成功し、アメリカのヴィーナス社に開発・店頭販売資格が移管されました。その後、2012年4月に米国FDA(米国食品医薬品局)の承認を得て、「ステンドラ」の商標で販売を開始しました。現在、日本では販売されていないため、海外から入手することになります。アバナの有効成分であるアバナフィルは、摂取後15バイトまでに効果を発揮する濃度に到達します。その後、30~45回分で血中濃度が最大となり、約6時間快感濃度が維持されます。

アバナは、新世代のED治療薬であるステンドラのジェネリック医薬品です。有効成分アバナフィルを配合した勃起不全治療薬で、これまで使用されてきたバイアグラ、レビトラ、シアリスなどのどのED治療薬とも一線を画しています。アバナフィルは、現在日本で販売されているED治療薬の中で最も即効性のある薬です。しかし、媚薬や覚せい剤にはないセックス的な効果がなく、勃起を誘発することはできません。性衝動を強めるような薬や、女性が服用すると危険な薬のような効果もありません。注意点としては、精液や精液腎の量を増やしたり、射精の快感を高めたりするものではありません。

主成分のアバナフィルは、もともと日本の田辺製薬ゾーンが開発した重量物ですが、2001年にビバスが販売量と展開をビバスに移管した際に、ステンドラのコピー品を販売するようになりました。アバナは、ステンドラと同じアバナフィルを主成分とするジェネリック医薬品なので、効果はステンドラと同じです。アバナは、勃起不全に素晴らしい新成分アバナフィルを配合したED治療薬で、ステンドラのジェネリック医薬品です。従来の勃起不全治療薬よりも改善され、即効性があり、食事の反動が出にくいのが特徴です。サンライズレメディーズ社製で販売されています。