アナドリン10mg(オキサンドロロン)

 

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

 

 

アナドリンの紹介【通販スタック】

アナドリンの成分であるオキサンドロロンは、一般的な「筋肉増強剤」の一種であるタンパク同化ステロイド(アナボリックステロイド)と呼ばれるモノです。その「タンパク質と同質の男性化作用」は、筋肉器官量のパワーアップと筋肉体積数の増加により、骨格筋を増強し、運動能力を向上させることが期待されます。

もともとアナボリックステロイドは効果が顕著で副作用も強い傾向にありますが、アナドリンはアルコール性肝炎に処方されることもあり、肝障害が軽度で副作用も少ないため、初めてアナボリックステロイドを使用する方におすすめします。また、初めて蛋白同化ステロイドを使用する方にもおすすめです。オキサンドロロン、アナドリンのコンポーネントは、同系統の男性用ステロイドで、一般的に「筋肉ビルダー」と呼ばれます。その「同化作用」は、筋肉の長さを増やし、筋肉の高さを2倍にすることによって、骨格筋量を増やし、運動能力を向上させるとされています。

アナドリンは主に筋肉増強作用のために存在するが、術後の補助サプリメントとして、また骨粗鬆症の治療にも使用されます。アナドリンの成分であるオキサンドロロンは、タンパク質と同化する作用があり、一般に「筋肉増強剤」と呼ばれる。同化作用により骨格筋量を増加させ、筋緊張の増強と筋量の増加により運動能力を向上させる。タンパク質を細胞内の仕組みに変換することで、筋肉の嵩上げを行い、同時に筋力を高めて、よりダイナミックな筋肉を作る手助けをするのです。

アナボリックステロイドの副作用は、重症でなければ薬を抜けば治まりますが、許容できない場合は、組成を修正するために手術が必要になることもあります。しかし、アナドリンはこの症状が出る傾向がかなり低いのです。男性が男性ホルモン製剤を使用すると、女性化判断のリスクが高くなると言われています。これは、男性ホルモンを投与するだけで、体内での男性ホルモンの分泌量が減少し、血中の男性ホルモン量が急激に増加するため、副腎皮質から分泌される女性ホルモンの量が増えて、男性ホルモンの上昇した気分を抑制すると考えられています。これが原因と考えられています。

男性も筋肉増強剤の乱用は避けるべきですが、アナドリンのように、その人が最初に得る男性ホルモン分泌量の範囲内で薬理効果があり、男女ともに副作用が少ない見込みのある筋肉増強剤といえます。アナドリンは、インドのアフマダーバードに本社を置くウエストクラスト社が製造する筋肉増強剤です。アナドリンにはオキサンドロロンという成分が含まれており、肝臓や全身の管理局でタンパク質の合成を促進する。

男性ホルモン製剤は、嗄声、声枯れ、乳房肥大、月経困難などの重篤な副作用の危険性があるため、女性には使用できません。しかし、アナドリンは体内で男性ホルモンの生成を促すため、女性が利用できる男性ホルモン生成力の範囲内で、効果的に筋肉量を増やすことができるのです。アナドリンは注射ではなく、経口タイプなので、摂取しやすいのも特徴です。