ヤスミン(ヤーズ配合錠)

 

 

 

トリキュラー21

 

 

 

 

 

ヤスミンの紹介【通販ディビジョン】

ヤスミンは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合した第4世代の低用量ピルです。低用量ピルには排卵を抑える効果もあるため、卵巣や子宮を休ませてホルモンバランスを整えることができます。そのため、低用量ピルは避妊目的だけでなく、月経困難症、月経前症候群(PMS)、生理不順、子宮内膜症、更年期障害、難治性ニキビなどの治療にも有効なのです。

ピルはホルモンバランスの変化により太ると言われていましたが、ヤスミンは体重の変化を最小限に縮める目的で製造されました。月経や妊娠は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分散を調整することで成立しています。低用量ピルの服用で少量のエストロゲン&プロゲステロンを補うことで、脳下垂体は「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠状態」と認識し、卵胞の成長、排卵、子宮内膜の成長を制限しています。

ドイツのバイエル社が製造・開発・販売しているヤスミンは、低用量ピルに比べて身体的苦痛が少ない超低用量ピルです。ヤスミンはバイエル社が開発した低用量ピルで、2001年に米国でFDAの承認を得て想定されています。ヤスミンは、女性の経口避妊薬として使用され、1錠あたりドロスピレノン(DRSP)3mgとエチニルエストラジオール(EE)0.03mgを含む21錠の単相錠で構成されています。

ヤスミンの有効成分は、黄体ホルモンであるドロスピレノン3mgと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオール0.03mgです。ヤスミンは、第4世代の超低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬です。有効成分に配合されている黄体ホルモン「ドキシピレノン」と卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」が、排卵を抑制します。その結果、子宮内膜の過剰な繁殖をカットし、月経困難症のつらい症状を抑える効果もあります。

ヤスミンは国内での所持が原則禁止されているため、個人輸入で入手するのが一般的です。ヤスミンは、黄体ホルモンと同じ働きをするドロスピレノンを配合した第4世代の低用量ピルで、バイエルシェーリング社が大量生産、販売しています。日本以外の国で作られた低用量ピルで、日本では流通していませんが、日本の医療機関でよく使われている低用量ピル「ヤーズ」の後発医薬品になります。 

卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールは、男性ホルモンを抑制し、ホルモンバランスを整える作用があります。ホルモンバランスを整えることで、更年期障害を予防する働きもあります。エストラジオールは、避妊だけでなく、月経困難症(生理痛)やPMS(月経前症候群)の緩和、月経周期の安定化にも効果があり、ライフサイクルを快適にする手助けをします。排卵を抑制することで、子宮内膜の再生産や有名なスタグランジンなどの生理活性物質の産生を抑制し、月経時の痛みを軽減させます。