レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

 

 

 

バルデナフィルの紹介【通販ダイレクト】

レビトラ(バルデナフィル)は、2世代目のED治療薬です。陰茎の血流を促進し、勃起を促すという他の薬と同じような働きをしますが、違うのは効き始めるまでの時間です。服用した場合、最初の服用の約15分前から効き始め、5~10時間作用が継続します。レビトラ(バルデナフィル)の血中濃度は摂取後約45分で、約4時間後に半減します。行為の1時間以上前に服用すれば問題なく効果を発揮します。

バイアグラとの違いは、即効性があることと、勃起能力と獲得能力のバランスが良いことです。繰り返しになりますが、食事の影響を受けにくいです。錠剤の大きさが小さく、飲み込みやすいことも人気の要因です。レビトラは水溶性成分でできた即効性のあるED治療薬で、バイアグラに次ぐED治療薬として2004年に厚生労働省から認可されました。勃起不全やインポテンツに効果的なお薬です。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、ミネラルウォーターに溶けやすい保有性を目指した即効性のある医薬品です。バイアグラ同様、日本では認可されており、介護病棟でも処方されています。ED治療薬は様々なところから販売されていますが、レビトラ20mgはその中でも最強のED治療薬と言われています。ペニスに強い力で作用し、ペニスをしっかりと硬く、優位に勃起させることができます。

レビトラのED成長効果は、ED症状を持つ著名な男性283名を対象とした臨床試験の結果によって裏付けられています。有効成分バルデナフィル5mg、10mg、20mgに加え、プラセボ(有効成分を含まない偽薬)を行為の1時間前に服用する男性グループを12週間にわたって調査した結果です。成分把握の効率性がレビトラとバイアグラの中心的なギャップである。バルデナフィルのセールスポイントから、食事や体内に取り込んで使用する時間帯など、より管理しやすく改善されていると見られています。

バイアグラとバルデナフィルの違いは有効成分で、シルデナフィルとバルデナフィルは影響の現れ方と効果の持続時間に違いがあります。バイアグラは先進的な治療法でしたが、まだまだ改良の余地があり、その後保持されているED治療薬もバイアグラの相談を受けながら改良を重ねています。レビトラは即効性が得意なので、早い方だとレビトラを飲んでから15分くらいで効き目がビタビタになり、ペニスに外圧が加わったり、興奮状態になる効果が出たりするのです。

有効成分のバルデナフィルは3大ED治療薬の中で最も即効性があり、運が良ければわずか15分で効果が現れます。バルデナフィルの製剤数によって効果の持続時間が異なります。バルデナフィル10mgの場合は5時間から6時間、バルデナフィル20mgの場合は8時間から10時間持続します。有効成分バルデナフィルが陰茎の血流を改善するため、陰茎の強度と持続力が高まります。不意の行為の際に使用したい方、食事を気にせず他のED治療薬を試したい方、バイアグラ以外のED治療薬を試したい方におすすめの商品です。