トリキュラー21(低用量ピル)

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

ピルの紹介【通販インポーター】

トリキュラーは、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)からなる人工ホルモン製剤です。トリキュラーの働きは、月経間隔に似せてそれぞれのホルモンを供給し、脳に妊娠したと錯覚させることです。トリキュラーには女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの成分が含まれており、摂取時期によって2つのホルモンの組み合わせを3段階に調整することで、自然なホルモン分泌モデルを模倣し、副作用を軽減することができます。

排卵は、性腺刺激ホルモンの1つと混合された黄体形成ホルモンが体全体から大量に分泌されることで起こります。トリキュラーによって黄体形成ホルモンの分泌を抑えることができれば、排卵はなくなる。トリキュラーは自然に似たようなホルモンの組み合わせなので、正しく服用すれば、体がちゅうちょなく主導権を握って、ほぼ確実に避妊することができるのです。

低用量避妊薬には多くの種類が存在し、それぞれ黄体ホルモンの配合や服用量が異なります。代表的な低用量ピルとしては、トリキュラー、アンジュ、マーベロン、ヤーズなどがあります。アンジュはあすか製薬から販売されている低用量ピルで、成分はトリキュラーと同じです。販売元が違うだけで、効果や副作用はほとんど同じです。

トリキュラーを服用すると、排卵が現れないので、ほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。また、ホルモンの分泌量を調整するため、月経のうごきが落ち着き、月経血の量が減り、月経痛を中和する作用が表れます。トリキュラーは、三相性の低用量ピルです。トリキュラーの有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが、自然に近いホルモン分泌パターンを実現し、体の重さを軽減し、排卵を抑制することで、より手頃な価格で避妊効果を発揮します。

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は、女性反応の発現、妊娠・出産、身体基準の貯蔵などに関わる重要なホルモンです。エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスが上下することで、月経、妊娠、出産がうまくいくのです。

アイピルは、ピラマル・ヘルスケアが製造・再販しており、ノルレボのジェネリック医薬品であるため、通信販売で安価に入手でき、安全性にも優れています。トリキュラー21は、低用量ピルで、少量のエストロゲンとプロゲステロンを含む女性ホルモン製剤です。女性が自分で月経と妊娠をコントロールし、どちらかに依存することなく簡単にできる経口避妊薬です。確実な避妊作用があり、正しく服用すれば、避妊効果は確実に100%です。

アイピルは性交後72時間以内にミネラルウォーターかぬるま湯で服用します。性交後24時間以内に服用すると避妊率が高まり、24時間以内の服用で約95%、72時間以内の服用で約85%の避妊効果があるとされています。行為が終わったらなるべく早く服用することをおすすめします。