ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノタブの紹介【通販ショート】

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)はAmazonや楽天では販売されておらず、メルカリなどでも当然購入できません。オオサカ堂やJISAなどの海外通販サイトからのみ購入できます。

ミノタブは、発毛剤であるミノキシジルの錠剤製剤で、内服することで発毛の低下や抜け毛を内側から改善します。また、高血圧の降圧剤としても使用されています。ミノタブは、インドの大手製薬会社であるインタス・ファーマが設立し、販売しています。ミノタブはジェネリック医薬品で、先発医薬品はロニテンという製品です。

日本ではミノキシジルは外用育毛剤「リアップ」の有効成分としておなじみですが、この小型の製品は日本では認可されていないミノキシジル内服薬の育毛剤です。ミノタブの有効成分であるミノキシジルは、1960年代に米国の製薬会社が高血圧克服のための経口投与薬(血管拡張剤)として開発しましたが、その副作用として多毛症の症状が現れました。1980年代には、脱毛症の治療薬として開発されました。

ミノタブは、異常なヘアサイクルを正常化し、発毛を促進することが期待されています。ただし、フィナステリドのような脱毛予防の効果は得られません。ミノキシジルはAGAの治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されているので、安心して使用することができます。リアップなどの外用薬は皮膚に局所的に塗布しますが、ミノタブなどの内服薬は全身、細部にまで作用し、強力な育毛・発毛効果を生み出します。ただし、内服薬は血管拡張作用があるため、低血圧の副作用が出やすいことに注意する必要があります。

ミノタブを服用することで頭皮以外の血管も進化させ、高血圧症に効果的と言えます。ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、ロニテンという内服薬のジェネリック医薬品です。血流を助け、発毛や抜け毛予防を促進する力があります。ミノタブは内服薬なので、崩れることがなく、頭皮に塗布して効果を発揮します。ミノキシジルは、毛根に難なく作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促すことで発毛を促します。AGA治療薬として有名なフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)とは作用機序が異なることを考慮し、これらの薬と同時に使用することが可能です。

ミノタブに含まれるミノキシジルには血管を伸ばす効果があるため、服用することで血行が良くなります。頭の血管に血液が流れると、目的の栄養素も行き渡り、髪に素晴らしい栄養素が調達されやすくなり、育毛・発毛の効果があります。ミノキシジルは日本では外用薬として販売されており、局所的な血管伸長による治療効果が期待されますが、ミノタブの場合は内服薬です。

ミノタブは内服薬であり、服用を継続することで効果が発揮されるもので、即効性があるわけではありません。ミノタブが効果を発揮するまでの期間には個人差があります。外用剤は皮膚に塗布するものですが、ミノタブは全身の血流に乗って頭皮の隅々まで届けられ、強力な育毛効果を発揮します。ミノタブは、様々なタイプの脱毛に発毛効果を発揮するミノキシジルを主成分とする医薬品で、ファイザー社のロニテンの後発医薬品としてインタスファーマ社が開発したものです。外用剤よりも高い発毛・育毛効果があります。