スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

 

 

スピロテロールの紹介【通販サイクル】

スピロテロールは、塩酸クレンブテロールを主成分とする気管支拡張剤です。気管支を拡張して、より多くの酸素を記憶できるようにする働きが関係しています。そのため、瞬間的なひらめきや才能の貢献など、ライブコンサートでの圧倒的な向上が期待できます。スピロテロールは、ウエストストリート製薬が販売する気管支拡張剤です。日本でも認可されているスピロペント錠と同じクレンブテロール塩酸塩を主成分としています。

スピロテロールは、LABA(長時間作用性β2受容体作動薬)に分類されます。一度服用すると即効性があり、35時間という長い時間一緒にいるため、喘息発作の阻止に使用されます。スピロテロールは、食事作用だけでなく、蛋白同化ステロイド筋肉増強剤と重ねられることが多いです。スピロテロールは、気管の平滑筋を扇状に広げることで気管を強化します。

スピロテロールを販売するウエストパッセージ製薬は、インドの製薬会社クレアトゥールです。主にジェネリック医薬品の製造によって存在している。日本ではほとんど耳にすることがありません。世界47カ国・科目で事業を展開しており、世界保健機関からも意見をもらっています。ジェネリック医薬品を主に製造しているため、価格もリーズナブルなものが多く、事故防止も重視されています。

気管支喘息は、気管支に炎症が起き、雲の通り道が狭くなり、β2受容体という交感神経の興奮で気管支が伸びることで発症します。クレンブテロールはこのβ2受容体を刺激することで気管支を拡張させ、喘息症状を緩和させる効果があります。スピロテロールには同化作用がありますが、オキシメトロンやメタンジエノンのようなステロイドではないため、これも人気の理由となっています。スピロテロール(クレンブテロール)は本来、喘息などの治療にうまく生きる薬ですが、最近は多くの胴体構築者が使っています。

スピロテロールの有効成分であるクレンブテロール塩酸塩は、日本で認可されている有効成分で、気管支を拡張して呼吸を楽にする薬です。スピロテロールの有効成分であるクレンブテロールは、β2受容体を刺激して気管支を拡張させることにより、呼吸を楽にし、つらい咳を和らげる効果があります。また、膀胱のβ2受容体を刺激し、筋肉の緊張を和らげるので、腹圧性尿失禁の治療にも使用できます。

スピロテロールは気管支の推進剤で、喘息や発作を改善する働きがあります。アレルギー性の調和によって現れる症状に対して、咳や息苦しさを和らげる効果があります。スピロテロールは、β2刺激薬で、呼吸器系疾患や尿失禁を改善する作用があります。有効成分のクレンブテロール塩酸塩は、喘息、COPD(肺気腫)、腹圧性尿失禁に効果を発揮します。有効成分クレンブテロールは、もともと喘息のクランケ予備軍に処方される気管支拡張剤です。