アボダート(ザガーロ・ジェネリック)

デュタボルブ(ザガーロジェネリック)

 

 

 

 

 

ザガーロの紹介【通販ボックス】

DHTは、男性ホルモンの95%を占めるテストステロンと5αリダクターゼ酵素の結託によって生成される男性ホルモンの一種です。DHTは、胎児が小さいうちは男性器の進化に関わる非常に重要なホルモンですが、成人男性では人間の頭髪の成長や脱毛に影響を及ぼします。そのため、DHTの生成を強制的に抑えることが、毛髪状態の改善や発毛につながるのです。

作用機序は、デュタステリドを経口摂取すると、血管を通って頭皮と前立腺に到達します。そして、デュタステリドは、頭皮の皮脂腺にある1型5αリダクターゼ、毛包(毛乳頭)や前立腺にある2型5αリダクターゼに結合します。これにより、テストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害し、前立腺肥大症(BPH)やAGAの素因となるDHTの量の増加を防ぐことができます。

髪が気になる男性であれば、プロペシアの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。実際にいろいろと調べてみた方も多いと思います。プロペシアは男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療薬として定番の商品です。プロペシアに負けず劣らず注目されているのが、男性型脱毛症、いわゆる「抜け毛」の内服治療薬「アボダート」です。服用開始から約半年で、肥大した前立腺に圧迫されていた尿道が正常に戻り、前立腺肥大症の症状である頻尿や残尿感も治りました。

アボダートは、従来の育毛剤よりも確実に男性ホルモンを抑制する成分が配合されているため、これまで効果が出にくかった男性にも効果が期待できると、世界中で多くの人に評価されているAGA(男性型脱毛症)治療薬です。日本では、2009年に前立腺肥大症治療薬として厚生労働省から認可されました。毛髪総和は、デュタステリド=89.6本、フィナステリド=56.5本で増加することが確認されました。毛髪の太さは、デュタステリド=5.8ゼロ10³μm、フィナステリド=4.0アン10³μmと急激に増加することが確認されました。

プロペシアの有効成分フィナステリドは、5αリダクターゼの2型を阻害することで、DHTの産生を抑え、脱毛を抑制しますが、アボタード(アボダート)0.5mgの有効成分デュタステリドは フィナステリドの3倍もの顕著な5αリダクターゼ2型を遅らせるだけではなく、1型にも作用し、より大きくDHT産生の抑制に働きます。アボダートの主成分であるデュタステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンを抑制することで前立腺肥大症の縮小効果が期待でき、DHTの生成を抑制することで、DHTプラスに関連するAGA(男性型脱毛症)にも良いとされる。良いとされています。