トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トラセミドの紹介【通販アシスト】

トラセミドは、腎臓に働きかけて尿量を増やし、体内に残留する水分や塩分を排出する利尿剤です。尿量を増やすことで、心不全、肝不全、腎不全など様々な要因で起こるむくみを解消します。トールは、有効成分トラゼミドを配合した利尿剤で、利尿剤「ルプラック」の海外版ジェネリック医薬品です。トラゼミドの利尿作用により、体内で流れなくなった水分を尿中に必要以上に放出し、浮腫の改善に効果が期待されます。

ラシックスなどのループ利尿薬はカリウムを増やさず、血液中の水分とともにカリウムの尿中への放出を促進します。一方、血中カリウム不足を起こさないという評価できる点を持つトールでは、低カリウム血症に伴う副作用の恐れを軽視しつつ、むくみの症状を治療できるという誇らしい利点があるのです。トールは、有効成分であるトラセラミドが腎臓に作用して、体内の不要な水分を排出・献上する効果を発揮します。そのため、むくみの解消やダイエット効果が期待できます。また、不純物も一緒に撃退できるため、肌のツヤが生まれ、全身状態が良くなります。

トールは、日本の医療機関で広く使用されている利尿剤「ルプラック」のジェネリック医薬品です。日本の医療機関で広く使用されている利尿剤「ルプラック」のジェネリック医薬品です。強力な利尿作用により、体内の余分な水分を排泄し、浮腫(むくみ)を改善します。ルプラックの承認時に行われた臨床試験では、287人の浮腫み潰しのうち76.0%で症状の再確認が行われました。トラセミドを有効成分とするトールを使用した場合にも、むくみの症状に対して同程度の有用性が期待できます。

トールは、心不全、肝不全、腎臓病などによる全身のむくみや 浮腫の緩和にも使用されます。まれにですが、低カリウム血症、高カリウム血症、血中血清尿酸値の上昇、血小板の低下、黄疸などの重篤な症状も報告されています。TOR(トール)は、インドのインタス・ファーマ社が製造するルプラックの後発品で、減量目的であれば浮腫の記録によく使用されます。

長時間の労働や長時間のデスクワークなどで筋肉を動かさないと、血液や水分が交通機関に蓄積され、むくみが発生します。水分が溜まった状態で放置すると、水分や有害物質が排泄されずに少しずつ体内に蓄積され、交通機関だけでなく拳や腹部、顔などに水分が溜まって太りやすくなります。

同種の薬であるラシックス(フロセミド)に比べ、カリウムの放出が短く、低カリウム血症の副作用が少なく、糖代謝活性や耐糖能への反応も少ないとされる。フロセミド(ラシックス)、ルプラックであるべき成分は、厚生労働省の拘束により、2019年1月の月収の毎日以降、一般個人による輸入にアクセスできなくなりました。