ロゲイン(ミノキシジル5%)

女性用ロゲイン(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ロゲインの紹介【通販ソーシング】

男性用ロゲインはミノキシジルを5%、女性用ロゲインはミノキシジルを2%含有しています。男性が女性用ロゲインを使用することは可能ですが、効果は男性用ロゲインより低いのでご注意ください。ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として作られましたが、頭皮の血行を促進する副作用や育毛・養毛効果が広がり、FDA(米国食品医薬品局)に認可されました。また、日本皮膚科学会の男性型脱毛症の治療方針において、最も推奨度の高い「A」レベルと評価されています。

重要な副作用として、塗布部位の発疹、かゆみ、かぶれ、フケ、赤み、時間過敏症、頭痛、めまい、むくみ、体重増加、胸痛、心拍の乱れなどがあります。浮いた場合は、医師に相談するなどして速やかに行いましょう。有効成分であるミノキシジルには2つの作用があり、まず、頭皮の毛母細胞を広げて体内の血流を促進する作用があります。2つ目の作用は、髪の毛を作る毛母細胞の死滅を抑制することで、髪の毛が成長期から退行期へ移行するのを防ぐというものです。また、血管内分裂細胞増加因子の産生を促し、毛母細胞の数を減少させる効果もあります。

ロゲインは、5%のミノキシジルを成分とする男性用外用薬です。髪の少ない気になる部分に直接塗って揉み込むことで、頭皮の毛細血管が開き、発毛が促進されます。有効成分ミノキシジルは非常に高い発毛効果が期待でき、成人男性の5人に1人がかかるといわれるAGAの治療薬として推奨されている製品です。

ミノキシジルを配合したロゲインは、その対応策が医学的に認められています。評判の良い臨床試験は、米国だけでなく日本でも大正製薬によって行われ、ミノキシジルによる発毛の反応が確認されています。育毛剤の中には、特定の粘着性と自由なイメージで調合されたものがあります。有効成分を強制的に頭皮に十分付着させるために粘着性のある成分が使われることが多いのですが、そのために髪が張り付くような不快な感覚を覚え、ゴールインしてしまうことがあります。ロゲインは、使用後のさらっとした清涼感が特徴です。

一般的に育毛剤の濃厚薄荷は50からおおよそ70%ですが、ロゲインのアルコール分は30%で、頭皮に優しい育毛剤と言えます。頭皮が非常に敏感な男性にも使いやすいと思います。ロゲインは、AGAなどによる抜け毛や髪の少なさに悩む方のための育毛剤です。ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、毛根の血管を広げ、酸素や栄養を頭皮に広く行き渡らせることで大きな育毛効果を発揮します。また、男性型脱毛症による抜け毛のMCをブロックする効果も期待されています。付属のスポイトは、頭皮に正確に一括塗布できるだけでなく、フタとしても使用可能です。