レビトラ20mg

バリフ(レビトラジェネリック)

 

 

 

 

 

レビトラの紹介【通販クスリロイヤル】

レビトラは、バイアグラの甘さを克服したED治療薬として誕生しました。食事の影響を受けにくい」「即効性がある」という2つの特徴を重要なテーマとして名付けられました。有効成分バルデナフィルがペニスの血流を改善することで、ペニスの頑丈さと包容力をアップさせます。急性期の行為に使用したい方、食事を気にせずED治療を諭したい方、バイアグラ以外のED治療薬を試したい方などにおすすめです。

ED治療薬の中でもレビトラは、効果が現れるまでの時間が最も早い一方で、その効能をすぐに実感できるのが魅力です。有効成分バルデナフィルの容量が異なる錠剤は、それぞれED改善効果や割合が検証されています。20mg錠が最も効果が高く、再考率は86.4%であることがわかりました。20mg錠と10mg錠はほぼ同等の効果が認められ、どちらもED再考率は85%を超えています。

レビトラはホスホジエステラーゼ(PDE)-5阻害薬に分類され、バイアグラやシアリスなど他のED治療薬と同じ作用機序を持つ薬です。
しかし、加工製造元のバイエル社は、臨床試験から「早漏を解消する」効果もあると発表しています。有効成分として1錠に20mgのバルデナフィルが含まれており、50%に割って服用しても十分な効果が得られるため、非常にコストパフォーマンスの高い薬と言えます。

極端に脂っこい食事や過剰摂取、アルコールの過剰摂取は薬の影響を弱めるのでもちろん取り除く必要がありますが、空腹状態を維持するのにそれほど神経質になる必要はなく、適度であれば楽しい食事タイムを過ごせます。レビトラを服用する前は、10回中平均4回、3回以上行為していました。20mg錠で10回中7回から8回に行為率が向上しました。勃起力は10回中1~2回以上でしたが、レビトラを取り入れたら10回中7回というレベルまで改善されました。

レビトラ自体には催淫作用はないので、興奮したり恋愛願望が高まることはないと思われます。そこに屋外のパワーソースが加わって、初めて結果が出るのです。ED進化効果は、15問の質問からなる勃起効果の指標群「IIEF(Global Erectile Efficacy Score)」をもとに検討されました。その結果、レビトラは有効成分の単位数に関係なく、勃起の発生率と勃起の維持率を有意に増加させることが分かりました。プラセボと比較しての有意差は、レビトラの勃起不全の症状改善効果を実証しました。

1998年にバイアグラが承認されたことにより、ED治療薬と呼ばれる内服薬による勃起不全の治療が可能になりました。レビトラは、バイアグラに次いで承認された勃起不全治療薬です。バイアグラが上級者向けであるのに対し、レビトラは低~中級者向けの人間に向いています。服用量の上限が少なく、とても使いやすい薬です。