アボダート(ザガーロ・ジェネリック)

デュタボルブ(ザガーロジェネリック)

 

 

 

 

 

 

アボダートの紹介【通販ソーシング】

プロペシアでは現状維持しかできなかった購入者でも、アボダート0.5mgを使用することで発毛効果を実感することができるのです。尿道が正常に戻ると、前立腺肥大症の症状である頻尿や残尿感がなくなります。DHT(ジヒドロテストステロン)は、体内の誰もが持っている男性ホルモンであるテストステロンから5αリダクターゼという酵素によって生成されます。そこで、デュタステリドで5αリダクターゼを抑制することで、DHTが少量になり、前立腺肥大や脱毛が少なくなると考えたのです。

アボダートは、有効成分デュタステリドを含有する男性型脱毛症治療薬。日本では、前立腺肥大症治療薬「アボルブ」のファミリーネームで知られています。グラクソ・スミス・クライン社が開発・販売しています。アボダートは、グラクソ・スミスクライン社が販売する医療用医薬品で、重度のAGA(男性型脱毛症)および従来の育毛治療で効果が得られなかった消費者の治療を目的としています。元々は米国で前立腺肥大症の治療薬として承認された医療用医薬品で、日本では2009年から前立腺肥大症の治療薬として承認されています。

髪の少ない男性に厳然と効果を発揮する老舗の治療薬とは?と聞かれたら、ほとんどの人がプロペシア(有効成分フィナステリド)かリアップ(有効成分ミノキシジル)と答えるのではないでしょうか。プロペシアは厚生労働省の認可を受けており、知名度も実績もある治療薬です。しかし、2015年に日本で認可されたザガーロは、プロペシアよりも効果が高いと言われており、まさに最近注目されている治療法です。アボダート0.5mgは、プロペシアの有効成分を強化したデュタステリドを配合したAGA治療薬です。現在、通販市場でも関心が高まっている新しいAGA治療薬です。

2型5αリダクターゼは、主に毛乳頭に存在する酵素で、ヒゲや体毛が濃い人の多くはこの酵素が毛髪に潜んでいると言われています。今まではどちらかに作用する育毛剤しかありませんでしたが、アボダートはこの2つの銘柄に対応した治療薬です。有効成分デュタステリドがこの5αリダクターゼとテストステロンの同盟を複合的に阻害し、イライラしない育毛ペースに効果を発揮します。

アボダートはAGA(男性型脱毛症)の治療に有効で、AGAの原因となる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制する作用により、髪の乏しさを改善することができます。間違っても一度に2回分を服用しないようにしましょう。推定12週間(3ヶ月報酬)の使用で改善が見られることがありますが、その力を十分に実感するには当然6ヶ月以上の継続使用が必要です。