ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

ジスロマックの紹介【通販web窓ロ】

ジスロマックは、想像以上に新しいマクロライド系抗菌薬で、同系列の他の薬に比べ、胃酸で不活性化されずに体内に浸透しやすいようにと、高濃度を維持し、持続性があるのが特徴です。ジスロマックは、細菌によって引き起こされる性病や接触感染症を治療する薬です。細菌の増殖に必要な酵素を阻害しながら、細菌を死滅させることで症状を治癒させます。

ジスロマックを大量に製造しているファイザーは、多種多様な優れた医薬品を世に送り出し、2013年の売上高で世界一の製薬会社となりました。ジスロマックは、マイコプラズマ、クラミジア、インフルエンザ菌に対して確かな抗菌活性を有しています。また、薬によるアレルギー反応がほとんどないため、ペニシリンやセフェムアレルギーなどの抗菌薬にアレルギーのある方にも適しています。

効き目が長続きするため、クラミジア菌が増加しているかけがえのない症例を見逃すことなく、確実に抗菌作用を発揮してくれます。なお、インフルエンザや感染性胃腸炎(ノロウイルス)、おたふくかぜなどのウイルス性疾患には効果がありません。ジスロマックは細菌のリボソームのみを選択して結合するので、ヤシの実のリボソームには作用しません。アジスロマイシンは人間の細胞を傷つけないので、ジスロマックは細菌に対して2対1の毒性を振るう治験薬です。

ジスロマックは、ファイザー社が複製し販売している有名な抗生物質です。錠剤を摂取することができない乳幼児の購入者や、薬が喉に詰まることが予想される高齢者にも安心して服用することができます。マクロライド系抗菌薬は、同時に使用する他の薬との相互作用が多く、飲み合わせに注意が必要な薬や、同時使用が禁止されている薬も多くあります。ジスロマックは、クラミジアの治療で最も頻繁に使用される抗生物質です。クラミジアの治療でジスロマックが最も推奨される選択肢である理由のひとつは、原因菌に対する有用性が大きいからです。

マクロライド系抗生物質の中でも新しいジスロマックは、これまでの抗生物質よりもインフルエンザ菌に有効です。多くの診療科で使用されているため、レジリエンス(回復力)のある菌が生まれる傾向もあります。1回の摂取で10日間も効果が変わらないという美点もあり、高い治療効果が期待でき、クラミジア検査100%率は90.7%とされています。クラミジアに対するジスロマックの有効性は、承認時に行われた臨床試験で実証されています。クラミジアによる尿道炎・子宮頸管炎を発症した相談者108例に、大容量のジスロマック(有効成分1mg)を投与したところ、90.7%の相談者の症状が改善されたのです。