ゼニカル(オルリスタット120mg)

オルリファスト(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

オルリスタットの紹介【通販 そしがや】

オルリスタットは、脂肪分の多い食事の時に服用すると減量に効果的ですが、毎食の脂肪吸収量を均等にし、昼まで安定させるために、午前中の食事ごとに服用することも推奨されています。もし、脂肪分の少ない食事であれば、オルリスタットを飲まなければ最高です。オルリスタットは、体内に取り込まれると食事中の脂肪のおよそ30%をブロックすることができると言われています。

有効成分はオルリスタット120mgの混合物で、サプリメントは食事中の脂肪を獲得する酵素であるリパーゼの働きを阻害する。これにより、食事で摂った脂肪をさらに食べようとする体質が抑制され、便とともに体外に排出されます。食事性脂肪の変換は、一般にリパーゼという酵素で分解され、腸内に排出されます。オルリスタットはリパーゼの働きを阻害し、その結果、脂肪が体内に蓄積されにくくなります。

オルリスタットは、本来なら体内に染み込むはずの脂肪分を強制的に便として排泄させる薬なので、他の薬と比較した場合、油のようなものも同時に排泄される可能性があることに注意が必要です。1回10カプセルの服用で、飲み会などのお付き合いで脂肪分の多い食事を相当量食べるときにおすすめです。本剤は、体内に残留した脂肪の摂取を抑制し、排出を促すタイプであるため、負担が少なく、何日間でも服用することが可能です。

有効成分のオルリスタットは、腸内で脂肪が記憶されるのを抑制し、便と一緒に体外に排出する作用があります。オルリスタットは脂肪を減らすのではなく、脂肪の把握そのものを抑制するにもかかわらず、普段通りの食事で全く問題ないことが特徴です。ぽっちゃり系は病気として扱われることが多いので、それを治療するための薬が次々と開発され、取り入れられています。

主成分のオルリスタットは、脂肪を合体させる作用を持つリパーゼの働きを阻害し、植物に混在する脂肪パイを30%カットするので、普通の食事をしながら痩せることができる薬です。オルリスタットは、米国で肥満症治療薬として販売されているゼニカルの後発品です。副作用として、直腸の排泄物が油っぽくなる、油っぽい便や脂肪分の多い便が出る、排便回数が増える、おならが出るなどがあります。

朝食、昼食、夕食、早朝・昼・深夜の軽食から体内の脂肪を約30%排除するおかげで、普段の食事をしていても脂肪が減少します。オルリスタットは、体型維持のために食事や運動に気を使われているお客様のダイエットサポートとしてお役立ていただけます。毎食後、長時間使用しなくても、脂肪の多い食事をしたとき、余分な脂肪を取りたいときだけオルリスタットを服用するだけで、体重増加を防ぐことができます。