フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

フィンペシアの紹介【通販キングダム】

フィンペシアを取り入れることで、頭皮の皮脂が減り、頭髪のべたつきおすすめが減り、フケがなくなり、仕上がった頭髪の状態が変わり、頭髪がサラサラになったという感想があります。男性型脱毛症(AGA)の最も多い原因は、DHTというホルモンです。フィナステリドは、この男性ホルモンを生成する還元酵素5αリダクターゼを遮蔽することで効果を発揮します。

ヨーロッパ、オーストラリアなどでは、キノリンイエローの使用が制限されています。また、食品の着色料としても使用されていますが、日本では内服薬や食事に使用することは認められていません。AGA治療薬として高い評価を得ているプロペシアと同成分を配合したジェネリック医薬品です。フィンペシアはコスパが良くAGA防止にもなるため、多くの人に利用されています。

フィンペシアはプロペシアジェネリックの中で最も人気があり、プロペシア選択販売品として最強のAGA治療薬と言えます。フィンペシアの最大のメリットはプロペシアよりも安価であることで、1錠あたり約200円のプロペシアに対して、100錠入りの容器は1日あたり約30円です。男性型脱毛症(AGA)に悩む多くの人が、フィンペシアで治療を受けています。有効成分のフィナステリドが、男性型脱毛症の最大の原因の一つであるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで、脱毛を予防するのです。

フィンペシアはプロペシアの約1/7の価格で購入することができます。すでにフィナステリドを使用している(または使用したい)けれども、予算を抑えたいという方には、フィンペシアは最適なAGAジェネリックと言えるでしょう。フィンペシアを服用することでDHTを抑制すれば、抜け毛の進行を先延ばしにするだけではなく、太くてコシのある毛髪に生まれ変わらせることも可能なのです。

フィナステリドを2~3年内服することを繰り返すと、新しく生えた中継ぎの毛髪が成長傾向になり、軟毛や抜け毛が目立っていた部分の度合いが減るという効果が確認されています。フィンペシアには着色料であるキノリンイエローは含まれていません。キノリンイエローは、声紋入りタールからの既製の合成着色料(タール色艶原体)であり、日本では黄色203号として外用医薬品や化粧品に使用されています。

フィンペシア(finpecia)は、シプラ社が開発したAGA(男性型脱毛症)治療薬で、プロペシアの後発品として初めて承認された男性脱毛症治療薬です。ミノキシジル含有外用薬や内服薬(ミノキシジルタブレット)を同時に使用することで、抜け毛の減少と発毛の増加という、2つの異なる結果を得ることができます。標準的な3ヶ月の報酬を越えて6ヶ月間毎日投与することでその影響を示すことが多いと言われていますが、それぞれに違いがあることをあらかじめ理解しておく必要があります。より長い期間、徹底的に継続することが大切です。