エラ(エラワン・ジェネリック)

 

 

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

エラワンの紹介【通販ワールド】

プロゲステロン受容体が活性化すると、脳の視床下部・下垂体から黄体形成ホルモンの照射が特定され、排卵が促進されます。卵巣では、何といっても卵胞の中で最も猛烈に成熟している所有者の低月経卵胞をしぼませて消滅させるように働きます。卵胞の発育と排卵が抑制されることで、受精が起こりにくくなるのです。エラワンを含むすべてのアフターピルは、摂取のタイミングが早いほど避妊効果が高くなります。エラワンをあらかじめ手元に置いておくことで、避妊に失敗してもすぐに薬を服用することができ、迅速な使用が可能になります。

エラワンは、緊急用アフターピルです。避妊に失敗したときに服用する今までの緊急避妊薬は72時間以内に体内に取り込むのが一般的でしたが、エラワンは120時間以内に服用すると避妊率が95%と言われており、時間的な余裕があります。アイピル、緊急避妊薬ノルレボのジェネリックは72時間以内の服用で避妊率75%とされていますが、エラ(ella)は最新の緊急避妊薬で3日以内(72時間以内)の服用で避妊率95%、120時間以内(5サン以内)の服用で85%以上とされています。効能効果を得ることができます。

より身近なアフターピルは72時間以内の服用ですが、エラワンは5日以内の服用で95%以上の避妊効果が得られることが臨床試験で証明されています。行為の際に避妊具が破損した場合や、避妊具が装填されていない場合は、意図しない妊娠を防ぐために緊急避妊具として推奨されています。日本では、厚生労働省の認可を受けていないため、出荷による購入や実行はまだ不可能です。個人輸入代行業者のベストケンコーで処方箋なしで購入することは可能です。

エラワンは、性行為後に体内に取り込む緊急用のアフターピルです。有効成分であるウリプリスタル酢酸塩が、卵子の放出と受精卵の凝固床を抑制することで妊娠を防止します。避妊に失敗してから5日以内の服用で95%以上の避妊効果があることが臨床試験で証明されており、非常に強力な避妊薬といえます。また、子宮筋腫の治療にも有効です。

服用後に副作用で嘔吐した場合、有効成分が体内に十分に摂取されず、避妊効果が十分に得られない可能性があります。嘔吐した場合に備えて、数個余分に購入しておくことをお勧めします。72時間以内に服用する必要があるレボノルゲストレルなどのアフターピルに比べ、身近なところでは2日近く猶予があるため、行為後に妊娠が心配でウトウトしている場合などには有効でしょう。日本ではWebの普及などにより、海外個人輸入の使用が一般的になってきています。