アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーの紹介【通販イープラス】

インドのムンバイに本社を置くシプラ社が製造するアジーは、男女兼用の薬で、さまざまな伝染病に対応します。専門医も処方するジスロマックと同じ成分のアジスロマイシンが配合されており、アジスロマイシンの働きで細菌を死滅させることができます。クラミジア、淋病、梅毒などの性感染症だけでなく、インフルエンザや歯周病、膀胱炎などの原因菌の抑制にも使われ、耳鼻科の治療など幅広い用途で使用されています。

アジーは、ジスロマック錠(ファイザー社)の優れたジェネリック医薬品で、シプラ社が販売している製品です。シプラ社はインドに本社を置く製薬会社で、ジェネリック医薬品の著名なメーカーとして知られています。細菌の接触感染による性感染症は多く、クラミジア以外の性感染症治療においても、あらゆる種類の細菌に有効なアジーには学ぶべき点が多くあります。

ジスロマック錠の総容量規格は、250mg錠と500mg錠の2種類があります。アジーはさらに高容量の1,000mg錠が用意されています。1錠にはクラミジアの治療に必要な成分数であるアジスロマイシンが1mg含まれているので、1回の服用でクラミジアの治療を完了するには1,000mgものアジーが必要なのです。アジスロマイシンを有効成分とする先発医薬品であるジスロマックの臨床試験で、成分の有効性が確認されています。

有効成分のアジスロマイシンは、抗生物質の一種として扱われ、性病を含む幅広い細菌に有効です。主にクラミジアや淋病、梅毒に悩む人に絶大な効果を発揮しています。アジーを服用することで、体内で増えてしまった細菌を緩和・殺菌する効果があり、症状を改善することができます。性感染症が気になる方や、存在するものの悪臭が気になる女性には、アジーによる早期治療がおすすめです。

アジーはマクロライド系の抗生物質で、抗生物質の中でも副作用の数が少なく、他の薬を一緒に服用する際に問題となる薬物相互作用も少ないです。アジスロマイシンは全身への作用が長く、歩みを止めないため、服用回数が少なくて済み、飲み忘れを防ぐことができます。また、副作用も他の抗生物質に比べて早く、下痢や腹痛、吐き気などイライラすることが少ないものがほとんどです。そのため、一部の薬(難易度などの注意点を目安に)を除けば、他の薬との相互作用も少なくなっています。

即効性のある商品で、薬の影響が長時間働き、従来の治療薬に比べ短期間で治療・回復する形があり、性交渉前に服用することでガードすることも進みます。アジーは症状や年齢によって容量が変わることがあるので、医師や専門家に相談してから服用することをおすすめします。1年間に服用する量の上限は500mgです。食後2時間以上経過した空腹時に、ミネラルウォーターや白湯で服用します。食後に服用する場合は、食後2時間以上経過してから服用してみてください。この場合も、服用後2時間以上は食事をしないように心がけてください。