アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アフターピルの紹介【通販ダイジェスト】

緊急避妊薬「i-pill(アイピル)」はネット通販で購入できます。アイピルは、避妊をしなかった場合や避妊に失敗した場合の意図しない妊娠を、安全かつ簡単に防ぐことができます。有効成分であるレボノルゲストレルは、日本国内の医療機関で使用され、緊急避妊薬に配合されています。

ノヴァT(銅製贈与子宮の一部である避妊具)による緊急避妊も可能です。ノヴァTによる緊急避妊の黒星100分率は1%以下であり、中長期的な避妊を希望する場合は、そのまま通常の避妊法として使用することが可能です。また、妊娠が成立しないことが確認されれば、短期間で取り外すことも可能です。ノヴァTは基本的に出産経験者に推奨される避妊法ですが、未出産の方でも使用可能です。ただし、子宮の入り口が狭い場合、挿入が困難であったり、誘発時に強い痛みや苦痛を伴う場合があります。アフターピルの効果は、避妊です。緊急避妊薬と呼ばれ、性行為や膣内射精時など妊娠のリスクが高い状況でも、アフターピルを服用することで妊娠のリスクを下げることができます。

アフターピルは服用期間が長いほど避妊率が高くなるため、適切な服用期間を設けて服用することが大切です。アフターピルは種類によって妊娠率が異なりますが、3日以内に服用すればほぼ70%以上と言われています。アイピルは72時間以内の避妊効果が75%で、24時間以内に服用できなくても3日間の猶予期間があります。

すでに排卵が起こっている場合でも、妊娠に成功するまでには数日の猶予期間があります。レボノルゲストレルによって子宮内膜が刺激され、成長します。成長を早めることで、受精卵が子宮内膜に到達するまでに、床面とすり合わない状態まで変動していくのです。妊娠を希望しているときにアフターピルを取り入れることで妊娠率を割り引くことができるのは事実ですが、アフターピルはあくまでも薬です。ある程度副作用が起こる可能性があることも知っておく必要があります。

以前は性交渉の前に避妊することが原則でしたが、現在は女性誌やインターネットなどで見かけるように、産婦人科で処方されたピルを事後的に服用することで妊娠を防ぐという戦術があります。避妊に失敗した場合、無防備な行為をした場合などに、緊急避妊ピルを服用し、排卵・受精を防ぐというものです。

ゴムを装着してしっかり避妊対策をしていても、破れてしまったという経験が蓄積されていませんか?ゴムの避妊失敗率は、通常10%と言われています。ボムが破れて行為をした場合、女性は次の月経まで不安を感じるかもしれません。そんな時に望まない妊娠を重くする作戦が、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)の使用です。従来の緊急避妊薬の欠点は、昼食後に1回服用しなければならないことでしたが、最近承認されたノルレボピルは1回の服用で済み、吐き気などの副作用もほとんどありません。