ザモカル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

オルリガル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ザモカルの紹介【通販カンパニー】

有効成分オルリスタットは、体内に取り込まれると、腸内の脂肪蓄積に関与するリパーゼという酵素の使用を阻害し、体内で脂肪が多く作られるのを抑制する。オルリスタットの摂取により、食事から摂取される脂肪量を約30%減少させ、便として過剰にカロリーを補給することを防ぐことができます。ザモカルは、米国で肥満症の治療に使用されているゼニカルのジェネリック医薬品です。ゼニカルは、スイスに本社を置くロシュ社という製薬会社が製造・販売しています。

腸内のリパーゼに作用して脂肪の獲得を抑制するため、体内で理解されずに実施されるため、安全性の高い肥満治療薬といえます。ザモカルは、肥満治療薬ゼニカルのジェネリック医薬品で、摂取した脂肪を30%カットします。オルリスタットをザモカルで摂取すると、本来なら分裂して体内に染み込むはずの脂肪部分が吸収されず、整腸剤として肛門から排出される。直接体外に排出される脂肪部分は、わずか30%と言われています。

ザモカルは食事から脂肪を30%カットできるので減量に有効ですが、あくまでも減量の補助として服用することが必要です。服用と同時に、運動療法の修正、栄養学的に現実的で高カロリーでない食事に切り替えることについても相談に行く方が効果的です。ザモカルは、ジマーファーマ社が開発した脂肪減少薬で、ゼニカルのジェネリック医薬品です。

ザモカルの有効成分であるオルリスタットは、非常に厳しい基準を持っているとされるアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を払っている成分で、効果・安全性ともに高いレベルで脂肪の把握を軽減する脂肪獲得小剤と認められています。ザモカルは脂肪の増加を抑制するため、脂溶性ビタミンを適時に体内に吸入することができなくなる可能性があります。そのため、脂溶性ビタミンの不足を防ぐために、各種ビタミン剤で補うことが推奨されます。

ザモカルは、米国FDA(食品医薬品局)が肥満症に対する有効性を評価したゼニカルの後発品で、ジンマー・ファーマ株式会社が再生・販売する痩身治療薬です。有効成分「オルリスタット」は、脂肪を消化・分割する酵素「リパーゼ」との関係を手順で警告し、ダイエットの大敵である脂肪分が体外に排泄されることのみを抑制することを目的としています。また、ザモカルのダイエット効果は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防にもつながるとして注目されています。

脂肪分の多い食事によってついた脂肪は、運動や食事管理をしてもなかなか減らず、ダイエットを途中でやめてしまう原因の一つになっています。ザモカルは、脂肪分解酵素の実行を抑え、体内に浸透した脂肪を約30%カットし、脂肪が体内に蓄積されるのを防ぎつつ、便としてスムーズに排出することができます。