ゾビラックス200mg(アシクロビル)

ゾビラックスクリーム

 

 

 

 

 

ゾビラックスの紹介【通販リサーチ】

ゾビラックスは、1988年に接触型ヘルペス感染症の治療薬として発売されました。また、日本では2007年から口唇ヘルペスの素人治療薬として販売されています。ゾビラックスの発売により、ウイルスを抑制するヘルペスの治療法が確立されたのです。ヘルペスやヘルペス感染症の治療に伴う肉体的・内面的苦痛が軽減されただけでなく、これまで命に関わることが多かった新生児ヘルペスの致死率が90%から30%に、ヘルペス脳炎の致死率が70%から20%に下がり、ヘルペスの基本治療が難しくなくなったのです。この規制によって可能になり、多くの命が救われました。

日本では、1988年の承認以来、30年にわたりヘルペスの治療に使用されている実績のある薬です。ゾビラックスは、素晴らしいバルトレックスとして日本全国で処方されている有名なヘルペス治療薬です。ヘルペスウイルスの増殖を抑えるために発売された抗ウイルス薬で、ヘルペス、帯状疱疹、帯状疱疹などのウイルスに効果があります。

ヘルペスは、ヘルペスウイルスによる接触感染症で、ヒトに感染するヘルペスウイルスは8種類知られています。症状は、移されたウイルスによって様々です。代表的な疾患としては、単純ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水痘ウイルスと帯状疱疹ウイルスによる水痘・帯状疱疹があります。ゾビラックスによる早期治療でヘルペス病原体の悪化を防ぐことができ、再発・転移を抑えるという安心効果もあります。ヘルペスの接触感染を知ったら、放置せず、早めの治療を心がけましょう。

錠剤のゾビラックスは、大人と小児に、単純ヘルペス、造血幹細胞移植における帯状疱疹の開始症状を緩和するために使用されます。追加された子供のために、性器ヘルペスの再発減少に適合があります。ゾビラックスに含まれる成分アシクロビルは、人の細胞やDNAに悪影響を及ぼすことはありません。

性器ヘルペス、口唇ヘルペス、帯状疱疹にお悩みの方はもちろん、再発時の安心薬として持参されたいお客様にもおすすめです。ゾビラックスは、単純ヘルペスウイルスI型(HSビデオテープ1)、単純ヘルペスウイルスII型(HSビデオテープ2)、水痘・帯状疱疹ウイルス(ビデオZVTR)の増加を抑制する役割を持つ治療薬です。

ゾビラックスは、ヘルペスウイルスに強く作用する薬です。ヘルペスウイルスは珍しいものではなく、誰もが一度は接触感染の可能性を持つ、とても身近なウイルス疾患です。ヘルペスウイルスは再発する確率が高く、初回の接触感染後の再発率は70%以上と言われています。出産時にヘルペスにかかった場合、医師から帝王切開を勧められる頃に母子感染の可能性が高くなります。