ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

マーベロンの紹介【通販ソーシング】

マーベロン服用時は生理の間隔が28日になるように準備されているので、毎月のスケジュールが立てやすいと予想されます。遠足などで生理が重なると辛いという方でも、ノベロンの服用スパンを変えれば簡単にずらすことができます。マーベロン服用には注意点があります。年齢、喫煙、太り気味、家族歴などの不安要素に関係なく、副作用として血栓が発生する可能性がありますし、発生しない場合もあります。

マーベロンに含まれるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とデソゲストレル(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンは、ホルモンの分泌に関わる内臓に作用します。つまりマーベロンは、ホルモン21錠とプラセボ(偽薬)7錠の合計28錠という量です。デソゲストレルとエチニルエストラジオールのあるブレンドサイズに共通することを狙ったゼロフェーズ薬で、どの錠剤から飲んでも満たされます。これにより、経口避妊薬で慣れ親しんだ、かさばる錠剤の不変の混合物をある日に飲む必要がないため、飲み合わせの長さがなく、安心して避妊を十分に行うことができます。

有効成分が体内の黄体ホルモンや卵胞ホルモンと共通に働き、ホルモンバランスの乱れを整えることで、月経周期が変わりにくくなり、妊娠しやすくなります。マーベロンなどの低用量ピルは、女性自身が妊娠や月経をコントロールすることができ、正しく服用すれば、高い確率で妊娠を防ぐことができる避妊カバー率は、おそらく100%です。マーベロンは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを一定量配合した経口避妊薬で、992件、合計14,088回の臨床試験で、妊娠したのは1件のみでした。毎日継続して使用することで、99.9%という高い避妊効果を発揮します。

また、卵胞ホルモンは栄養や水分、食事の必要量を保持する働きがあるため、体重増加や吐き気をもよおすことがあります。しかし、ノベロンの卵胞ホルモン製剤は例外的に低用量であるため、他の低用量ピルに比べて体重増加や吐き気の副作用が少なくなっています。また、低用量ピルを長期間服用することにより、骨粗鬆症の予防、育毛効果、卵巣がんや子宮がんの予防に効果があることが確認されています。

1回(28日間)に服用する21種類のホルモンブレンドの総量が一定(一相性)であるため、投薬ミスや飲み忘れのリスクを軽減することができます。マーベロンは、妊娠の長期化を防ぐことを目的とした低用量ピルです。服用すると、排卵が起こらないようにすることで妊娠を予防します。

従来の低用量ピルに比べ、血栓の心配が増えるのが難点です。血栓対策として、ESAやDHAなどのサプリメントの摂取を待っている女性もいます。マーベロンにはホルモン分泌を抑制し、月経の調節に導く効果があります。月経を強制的に保留することで、受精卵が子宮に付着するのを防ぎ、精子や乳児が子宮に入るのを防ぎ、月経痛の痛みを低くする効果があります。