クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

クロミッドの紹介【ワールド通販】

クロミッドは、排卵誘発剤クロミフェンと同じ成分を含むジェネリック医薬品です。先発品のクロミッドよりも有効成分の含有量が多く、クロミッド1錠にクロミフェン100mgが含まれています。コカックファルマのクロメンは、排卵障害による不妊症の治療に用いられる薬で、主成分はクロミッドと同じクエン酸クロミフェンです。

人工的に排卵を起こす作用があるため、正常に排卵しない消費者や、排卵日数が月によってバラバラで不安定なお客様が服用されることが多いようです。このような排卵を促す薬を排卵連鎖反応薬(排卵誘発剤)と呼びます。クロミッドは、比較的軽度から中等度の排卵障害の患者さんに処方される女性ホルモン薬で、多種多様で高い排卵作用があります。

クロミッドは、不妊症(無排卵性周期性不妊症)に悩む女性のための排卵誘発剤で、不妊症の治療法として選択されます。クロミッドは一般的に排卵していない人に使用されますが、排卵しているホモサピエンスでもクロミッドを服用すると成熟した卵子が作られやすくなり、妊娠率が6%近く上がると言われています。排卵障害のある方に排卵誘発剤のみを使用したケースでは、6ヶ月間の妊娠率の合計が60~75%に達しています。

排卵誘発剤は、チャンス療法、人工授精、体外受精などで使用されています。図上の負担が少ないとされていますが、注意しなければならない副作用もあります。薬が効きすぎると、まれに卵巣が腫れて痛くなることがあります。下腹部に痛みを感じる場合は、医師に相談してください。その他、頭痛、吐き気、倦怠感、イライラ、視覚症状などが報告されています。

脳の視床下部から卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)が放射されていますが、それらをコントロールするエストロゲンが重要です。クエン酸クロミフェン(クロミッド)は、1961年から米国メレル社で長年使用されている排卵誘発剤です。排卵障害による不妊症の方や、妊娠を希望しているのになかなかできない方に人気のあるお薬です。

排卵誘発剤を長期間服用すると、卵の成長を促進し排卵を抑制するので、体外受精の際に自然排卵などを抑えるために使用されます。
エストロゲンが少ないと、卵胞を育てるために卵胞ストレスホルモンが高くなります。自分の排卵日を知り、妊娠しやすい時期にセックスをすることが秘訣です。月経周期が不安定だと、排卵日の予測がつかず、妊娠の可能性が低くなります。排卵誘発剤を服用すれば、1~2週間で排卵が起こるので、叩打法の成功確率が高まります。