グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

 

 

グルコバイの紹介【通販 もえ薬局】

グルコバイは1型糖尿病と2型糖尿病の両方に使用されていますが、特に2型糖尿病に効果的です。グルコバイには、糖の消化・記憶を遅らせる効果があります。食後の血糖値の急激な上昇を抑制するため、糖尿病の食後高血糖の改善を期待して使用されています。

グルコバイは、食後の血糖値の急激な上昇を抑制し、食べたものが脂肪になりにくくすることから、血糖値改善薬の2番手とも呼ばれています。この高価なダイエットパワーを利用するために、多くのエステサロンでは糖質制限ダイエットの治療薬としてグルコバイを処方しています。服用することで、食事に含まれる糖質の体内への取り込みを遅らせ、血糖値の上昇を抑えることができます。全国のクリニックでダイエット用として販売されています。

アカルボースは、1973年にドイツのバイエル社によって創製されました。小腸の粘膜に存在するα-グルコシダーゼという酵素は、食物中の糖や炭水化物をブドウ糖に細分化する働きがあり、これが高血糖の原因である。アカルボースは、糖を分離する酵素であるα-グルコシダーゼを阻害し、糖の消化を先延ばしにする作用があります。この効果により、食後の血糖値の上昇を緩やかにします。グルコバイは、α-グルコシダーゼ阻害剤であり、有効成分としてアカルボースを含有しています。

グルコバイ50mg(Glucobay)は、バイエル社が製造する糖尿病治療薬です。有効成分としてアカルボースを50mg含有し、スタイルトーンの大きさは10錠です。インスリンの分泌を促進するわけではありませんが、血糖値の発作の上昇を抑えることで、膵臓の息苦しさを軽減する効果もあります。グルコバイ50mgは、食後の糖尿病がもたらす過剰な血糖を改善するために使用できる医薬品で、バイエル社が製造・募集しているものです。

-グルコシダーゼ阻害剤の一種で、このタイプの薬は、単独で使用する場合、軽度の糖尿病の患者さんに適しています。食事療法や運動療法で効果が乏しい場合に採用されます。特に、「空腹時の血糖値はそこそこ安いが、食後に高血糖を示す疾患」にグルコバイは使用されます。グルコバイの薬を繰り返し服用することで、空腹時の血糖値を下げる効果が期待できるのです。

グルコバイの血糖値を下げる効果は、動脈硬化や脂肪の蓄積を防ぐ役割も担っています。また、小腸の粘膜でデンプンや砂糖などの糖分を分解する酵素であるα-グルコシダーゼの働きを抑える影響もあり、血糖値の再確認に効果的です。副作用として、腹部膨満感や鼓腸、おならの増加、軟便の発生率の増加、下痢、体の痛み、便秘などがあります。重大な副作用として、低血糖、腸閉塞、肝機能障害、黄疸などが起こることがあります。