サビトラ20mg

 

 

 

バリフ20mg

 

 

 

 

 

サビトラの紹介【通販ディビジョン】

サビトラの効果は、一般的に服用後15分程度経たないと現れません。効果の持続時間は容量によって異なり、10mgなら5時間、20mgなら8時間持続します。サビトラは0.5錠から服用でき、1錠を2分割しても死ぬほど強力で、最強の勃起力を発揮する印象があります。既存のED治療薬は、食事と一緒に摂取すると影響が小さくなる傾向があります。しかし、サビトラは従来の食事であれば、食後に服用しても勃起の波紋は現れません(る脂肪の割合はおよそ30%です)。

他のED治療薬と異なり、食事の影響を受けないので、飲む場面を選ばず、いつでもパートナーを満足させることができます。サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、陰茎に多く存在するPDE5を選択的に阻害する効果が優位で、他の銘柄のPDEには影響を与えないため、安全なED治療薬といえます。退化や生活習慣病、重い負担などで陰茎への血液の大群が弱まると、勃起制御酵素の使用量を超えてしまい、勃起ができなくなるのです。ED治療薬は、勃起抑制酵素であるPDE5酵素の働きを阻害し、陰茎への血流を増やして勃起を促します。

サビトラはバイアグラよりも食事や酔いの影響を受けにくいため、食後に服用することが可能です。このため、サビトラはバイアグラよりも実用性が高く、改良されたED治療薬と言えます。サビトラは、バルデナフィルを有効成分とするレビトラのジェネリック医薬品で、EDの症状を改善する勃起不全治療薬の一種です。

サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、陰茎の血管を萎縮させるホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害する働きがあります。女性との急なデートや性交渉の機会が訪れても、効果が現れるまでの時間を気にすることなく使用できる点が人気です。サビトラを常に携帯しておけば、せっかく性交渉の機会を訪れても緊張で勃起できないといった不安もクリアできます。

サビトラを製造・生成しているのは、2003年にインドで設立された製薬会社「サバメディカ」です。先発薬のレビトラと同じ有効成分バルデナフィルを含み、うまくいけば最短15分で効果が現れるという即効性を持っています。また、食事の表現に影響されにくいので、使いやすいED治療薬と言えます。サビトラの効果が出ている間は、性力の源であるペニスが勃起しやすくなるのです。サビトラを服用しても、外的な刺激のようなもので攻めなければ効果は現れません。