アイピル(ノルレボ)アフターピル

エラ(エラワンジェネリック)

 

 

 

 

 

アフターピルの紹介【通販・ genecli.com】

アフターピルの作用機序は完全には解明されていませんが、最も顕著な効果は、受精の抑制よりも排卵の抑制または遅延と言われています。排卵前にアフターピルを服用することで、5~7日の間排卵を緩和することができ、その間に女性器内の精子が受精能力を忘れてしまうことがあるのです。

これまでホルモン剤を服用して吐き気をもよおしたことがある方は、薬を服用する1時間前に「吐き気止め」を服用することで吐き気を予防することができます。薬を飲んでから1時間以内に嘔吐した場合は、薬を飲まないと回復しません。薬を飲んでから30分以上経ってから嘔吐した場合は、再度薬を飲む必要はありません。その他の副作用として、一時的な頭痛、乳房の圧痛、少量の性器出血が起こることがあります。

緊急避妊にのみ使用できるホルモン剤には、ノルレボのジェネリック医薬品であるレボノルゲストレル1.5mgがあります。回服用することができます(緊急避妊ピル)。避妊をしていない性交後72時間以内に1回1錠を服用します。ピルの服用は1回です。ノルレボを72時間以上服用すると避妊効果が弱くなりますが、120時間まで服用すれば影響が期待できます。

ピルを毎日服用することで妊娠のリスクを割り引きたい場合は、通常、経口避妊薬(低用量ピル、中用量ピル)がおすすめです。ただし、ピルを服用していても、避妊を失敗したと思ったら早めに病院へ行くのがベストプランです。緊急避妊は、避妊をしない性行為、いわゆるコンドームが切れた場合に、避妊の間違いがあった場合に妊娠を防ぐ方法です。性交後72時間以内に緊急避妊ピルに同意することで、排卵を抑制し、受精を防ぎ、受精卵の子宮内への塊床を防ぐことができるのです。

当院では緊急避妊の重要な選択としてノルレボを推奨していますが、月経の流れからヤッペ法でも良いと思われる場合や、失敗率6%を許容できる方にはヤッペ法を使用することもあります。 アフターピルを服用する際にはタイミングが重要です。避妊した時間から昼軸、24時間、48時間、72時間と時間が経つにつれて妊娠の可能性は高くなります。

アフターピルを使わなくても完了できると思えばそれでいいのですが、性行為をする機会がいろいろあるけれど妊娠はしたくないという方は、念のため手元に置いておくことをおすすめします。ヤッペ法(プラノビア・ホール)の命に関わる副作用には、血栓症があります。

痛みや浮腫み、突然の息切れ、胸の痛み、激しい頭痛、カバンが持てない、麻痺、キーワードの絡まり、急性視力障害など、一目でわかる症状が出た場合は、服用を中止し、救急病院へ行く必要があります。産院やママさん病棟で処方してもらえますが、扱っているのはママさん病棟であることが多いので、女性病棟に相談するのが一番でしょう。