フィンカー5mg(プロスカー・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンカーの紹介【通販ブリッジ】

フィンカーは、男性型脱毛症の順番を遅らせる薬であるプロペシアのジェネリック医薬品です。有効成分はフィナステリド5mgで、日本で自由診療として処方されているプロペシア錠1mg(フィナステリド1mg含有)の5倍の活性があります。前立腺は、男性にのみ存在する内臓器官です。前立腺は膀胱の下にあり、尿道を取り囲むように存在しています。また、前立腺の一部は直腸に接しているため、直腸の関門から指で触ることができます。前立腺の程度や形は、栗の実の問題として有益にとらえることができます。

フィナステリドは、前立腺肥大症や前立腺がんの診断結果に影響を与える可能性があります。前立腺肥大や前立腺がんがある場合、フィナステリドを服用しながら検査を受けると、症状の認知が遅れることがありますので、必ず医師にその旨を伝えてください。フィナステリドは、男性ホルモンの一種であるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化する際に必要な5αリダクターゼ(Ⅱ型)の働きを阻害します。フィナステリドは体内に入ると、血管を通って頭皮や前立腺に行き、そこでテストステロンの代わりに5αリダクターゼという酵素と結合します。

フィナステリドは、男性の低発毛の根本原因を克服し、治療するために働きます。フィンカー5mgは、通常使用されるフィナステリドの5倍の量を含んでいるため、絶大な効果を発揮する製品です。フィンカーの有効成分であるフィナステリドは、スクリーニング剤のようにこの酵素をブロックして、テストステロンが発毛の原因であるジヒドロテストステロンに変換されるのを阻止する働きをします。男性型脱毛症だけでなく、女性の脱毛症にも使用することができます。

フィンカーの抜け毛や脱毛に対する効果は最低でも6ヶ月の治療が必要で、AGAに対するフィンカーの期待効果はプロペシアとほぼ同じです。また、成長頻度を整える効果もあるため、髪が少ない治療だけでなく発毛にも効果が期待できます。フィンカーは内服薬で、毎日1錠飲むことができます。

フィナステリドを経口摂取すると、血管を通過して頭皮や前立腺にある5αリダクターゼと結合します。この作用により、5α-リダクターゼがテストステロンと競合するのを防ぎます。競合を阻止することで、前立腺肥大や髪が少なくなる原因となるDHTの過剰な生成を抑制するのです。男性型脱毛症の最大の原因のひとつは、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンです。男性ホルモンであるテストステロンに5a還元酵素II型という酵素が作用することで生成されます。